瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

愛咲れいら - 浣腸モノの最高傑作候補

   

浣腸シーンが強烈です。アナルセックス作品なんですが、アナルセックスよりも冒頭の浣腸のシーンの凄すぎて、他の部分の印象が薄いです。浣腸といってもエログロではありません。マニア向け作品でもないので、僕のような一般人でも楽しめるかと。

作品概要

ReiraAisaki_01
5段階評価: 5
タイトル: 快感アナルFUCK
出演女優: 愛咲れいら(原千尋)
配信サイト: DMM(独占)
発売日: 2005/12/13
収録時間: 113分
監督: 不明

全体の流れ

  1.  見知らぬおねーさん→愛咲れいらへのケツの穴舐めからはじまる。丁寧な舐め方で気持ち良さそう。舌を入れたり、指を入れたりのアナル攻めが20分続く。早くも名作の雰囲気。
  2. 尻に巨大な注射器(推定直径5cm×長さ40cm)を挿入され、その中の液体(ローション)を浣腸される。赤、乳白色、緑、青などそれぞれ色の違う液を注射器5本分、浣腸される。
  3. 机の上でウンチングスタイルをして、尻の中にたまったローションをドボドボと垂れ流す。ローションが出てくるときのアナルの動きが卑猥すぎて、「これに興奮する自分は変態ではないだろうか?」と心配すること請け合い。
  4. アナルを指とバイブで攻められる。ここまでまともな会話なし。男の登場なし。なかなかセックスは始まらない。
  5. やっと本番。普通のセックスからアナルセックスへ。最後はアナルへの中出し。
  6. 無意味かつ中途半端なシャワーシーン。

感想

彼女の名前が原千尋だった頃の作品で、タイトル通り、最高クラスの浣腸作品です。

尻の穴から液体をドクドク垂らしまくるんですが、その様子が生々しすぎて変態心を直撃する。

下の画像にあるような白やら赤やらの怪しい色をした浣腸液が入った巨大な注射器をケツの穴に刺され、「え、こんなに入るの?」という量を注入されます。カットなしで5本連続で入れられている。見てもらえれば分かりますが、すごい量です。

ReiraAisaki_miad00053-12 ReiraAisaki_miad00053-13 ReiraAisaki_miad00053-14

椅子の上でウンコ座りをした状態で、カメラはアナルをアップで撮影しているので、液体が注入され尻の穴から出てくる様子がよく見えます。アナルがギュっと縮まったり、広がったりしながら、ローションがドロっと・・・アナルの筋肉の動きまで見れるという貴重な作品です。その様が、頭がクラクラするほど生々しい。ちなみに、出てくる液体に排泄物は混ざっていなく、汚いシーンはありません。

浣腸攻めの前には、別の女優(名前は不明)にアナルに舌が入るほどの執拗なアナル舐めをされ、浣腸後には自らの指いれ、男優によるアナルバイブ入れがあり、最後にアナルセックスという流れです。

「アナルセックスビデオ」というよりも、「アナル攻めフルコースビデオ」ですね。浣腸シーンに比べるとアナルセックスのシーンはノーマルに見えてしまいますが、それでも前菜からメインまでいい流れになっています。

それと、作中で愛咲れいらが話す日本語は「もっと浣腸して」ぐらいで、余計なインタビューや会話が一切省かれているのもこの作品の特徴です。その演出が浣腸、アナルセックスという、どちらかというと陰なプレイをますます怪しく底の深いものにしています。

この作品はDMM.comから入手可能だ。見放題の月額プラン、単品販売のいずれでもダウンロード可能です。単品のダウンロードなら580円、ストリーミングなら300円なのでお買い得です。買って損はないと思う。

快感アナルFUCK 愛咲れいら(単品販売:ダウンロード or ストリーミング)

快感アナルFUCK 愛咲れいら(月額見放題)

ReiraAisaki_miad00053-5ReiraAisaki_miad00053-9ReiraAisaki_miad00053-16ReiraAisaki_miad00053-24ReiraAisaki_miad00053-29ReiraAisaki_miad00053-34ReiraAisaki_miad00053-38

 - モザイク