瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

逢沢はるか - スイッチが入ったときの目つきと声がエロ過ぎる

   

熟女と聞いただけでパスするのはもったいない。そんな作品です。顔も綺麗(美祢藤コウさんにちょっと似てる)で、体型も崩れていません。エロのスイッチが入った瞬間から変わる表情は、まさに「いい女」です。アイドルAV女優には出せない妖艶さをぜひご堪能ください。

作品概要

逢沢はるか 好色妻降臨
5段階評価: 4
タイトル: 好色妻降臨 57 パート1
出演女優: 逢沢はるか
配信サイト: 一本道
配信開始日: 2016/05/24
収録時間: 77分
監督: 不明

全体の流れ

  1. 「好色妻講座」の講師・逢沢はるかという設定らしい。カメラに向かってレッスンをする。喋り方が妙にたどたどしくて、見ていてムズムズしてくる。「この設定、必要?」と当たり前の突込みをしてはいけない。
  2. レッスンの一環で、男性に色仕掛け。途端に声と話し方が変わって、プロのAV女優のエロ演技力を見せ付けてくれる。熟女パワー前回のいやらしい目つきと、誘うようなキス。フェラチオをして、最後は口内射精。ごっくんしてお掃除までする。なんかミョーに興奮させる。
  3. 男2人にフェラチオをする。胸射と口内射精。口内射精直後のペニスの先をすする仕草がエロい。
  4. 1対1で本番。おっぱいがデカい。ちょっと形が整いすぎているかな・・・フェラチオするときの表情や唾液の垂らし方に熟女の貫禄がある。結合部がアップになるシーンではペニスがテカテカと光り、白い液がまとわりついているのが確認できる(もれなく、ブツブツのあるキンタマも目に入ってくる)。途中バックで挿入されているときに体を痙攣させる場面も。仕草や表情がいちいちエロい。最後は中出し。

感想

ご覧のとおり、熟女モノです。最近僕はAV女優の年齢に関してはストライクゾーンが広くなりつつあるようです。

Wikipedia先生に聞いたところ、43歳らしいです。綺麗な方ですねー。自然か人工かは別として。スタイルも抜群です。こちらも自然か人工か別として。お腹も出ていません。一般人の中ではこんな綺麗な43歳、なかなかいませんよね。顔は綺麗でも、体はアレだったりする女性って多いじゃないですか。そう考えると、AV女優の皆さんの体型維持力はすごいなーって思うんです。

この作品なんですが、エロい女になりたい女性向けに逢沢はるかさんが送る「好色妻講座」という設定です。見ていて、非常にバカバカしいです。

だけど、講師として話しているときと、エロモードになったときがまるで別人みたいなんです。その辺りのギャップを表現するための講師役だとすると、すごい演出力と言えます。

僕が一番性欲をそそられたのは、前半のフェラチオのセッションです。普段若いAV女優の作品を見慣れていると僕には、キスの仕方から表情から息遣いまで、まさに淫靡です。

最後のセッションもいいんですけど、せっかくペニスに白い液がベタベタとついているのに、男優のピストンが速いので一瞬しかそれを確認できないのが残念。あと、もう少しじっくりと男を責める姿が見たかった。

普段、熟女作品を見ない方も、試しに見ていただきたい作品です。例えば、「紗倉まな」では決して表現できない魅力があります。一本道の通常会員でダウンロードできるので、コストパフォーマンスも高いです。ちなみに、上の写真は若く加工しすぎです。そこまで若く見せなくてもいいのに・・・

逢沢はるか 好色妻降臨 57 パート1

 - 無修正