瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

藤井有彩「ポルノスター」 - 超エロい

   

作品概要

ポルノスター 藤井有彩 【MGSだけの特典映像付】 +15分
5段階評価: 5
タイトル: ポルノスター 藤井有彩【MGSだけの特典映像付】+15分
出演女優: 藤井有彩
配信サイト: MGSDMM
配信開始日: 2016/03/08
収録時間: 135分
監督: カンパニー松尾

全体の流れ

  1. インタビュー。19歳ですって!なかなかハキハキ答えていて好印象。
  2. ホテル(スタジオ?)に入り、カンパニー松尾監督がインタビューしながら撮影。カメラを前に、笑いながらも段々と表情がいやらしくなっていく。その変化だけで勃起させてくれる。鏡の前で網タイツを破られ、尻が剥き出しに。下着の上から指や電マで弄られる。下着を引っ張られ、先ずはアナルを検分され、さらに引っ張ると・・・黒い下着に白濁のマン汁がべっとり!!!ちょーいやらしい。
  3. いやらしい目つきでフェラチオをした後、ソファの上でオマンコを指で開いてペニスを迎える。モザイク越しでもマンコのピンク感が伝わってくる。そのままバックで挿入。バックから背面騎乗位。腰の動かし方がいちいちエロい。ベッドで正常位をしていると途中で自らクリトリスを弄りだす藤井有彩。途中で休憩を挟んで、最後は濃い精液を顔射。自分で腰を動かす姿が目立つセッションだった。
  4. 2日目。再びカンパニー松尾とセックス。最初のセッションよりも普通。セックスの最中に、監督がペニスについた白いマン汁を指にとってカメラに見せてくれる(2回)。最後は舌の上に濃い液を射精。
  5. 昭和っぽい髪型の男優とホテルの高層階でセックス。椅子の上で自分でオマンコをご開帳。ピンクが燃えている。男優がマン汁の糸引きを何度もカメラに見せる。そのまま椅子の上でセックス。モザイクの向こうで白いマン汁が分泌されるのがはっきり見える。執拗にキスをしながら腰を振る男優。藤井有彩はかなり乱れている。最後は口に射精。
  6. 特典映像はインタビュー+エロい下着でフェラチオ。最後は口内射精。

感想

エロいですねー、この作品。今年見た作品の中では一番かも。

彼女、そんなに美人じゃないと思うんですよ。でもエロ顔。表情の変化がいいですね。雰囲気に呑まれてなんでもしちゃいそうな表情が、エロいエロい。監督が彼女のエロい表情をうまく引き出しているという印象です。最初のセッションのフェラチオシーンだけでも興奮させられます。

93cmのGカップなので立派な巨乳なんですが、そこはあまり強調されず、彼女の淫乱さにフォーカスが当てられているように見えます。巨乳なのに巨乳を生かさない、そこが本作の深いところじゃないでしょうか。

それと、節々に散りばめられているマン汁シーン。ほんの一瞬だけ白い液が見えるというバランスもいいです。

インタビューが少し長く、135分で3セッションしかありませんが、内容が濃いのでちょうどいいボリュームだと思います。3Pやオナニーといった余計なセッションはありません。メリハリがあって、見やすいです。

やっぱりAVってこれくらいの卑猥さがないとダメですね。でも、MGSでの評価は厳しいんですよ。平均点3.3ですって。

この内容で1,480円なので安い買い物ではないでしょうか。ちなみに、MGSだけでなくDMMでも販売されています。MGSの方がわずかに安くて、特典映像付き。ま、オマケの方がたいした内容ではありませんが。

DMMのリンクはこちら。
ポルノスター 藤井有彩

cap_e_3_abp-452-min

cap_e_4_abp-452-min

cap_e_5_abp-452-min

cap_e_7_abp-452-min

cap_e_8_abp-452-min

cap_e_10_abp-452-min

cap_e_2_abp-452-min

 - モザイク