瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

穂高ゆうき - 女優はいいんだけど、作りが荒すぎ

   

設定がさっぱり分からない。「女教師」というと、教室やら校長室やら部室やらで、生徒やら同僚教師やらPTA会長やらとするのが相場ですが、そういうのはまったくなし。いや、それはなくてもいいんだけど、最後まで状況が分からなくてやきもきさせられました。

作品概要

現役巨乳女教師の危険日中出しオフ会
5段階評価: 2
タイトル: 現役巨乳女教師の危険日中出しオフ会
出演女優: 穂高ゆうき
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2015/07/16
収録時間: 118分
監督: 不明

全体の流れ

  1. ちらっと学校の授業のシーン。更衣室で着替えてホテルに行く。
  2. 部屋を訪れた男にインタビュー。声が超セクシー。でも設定の説明がまったくないので、状況がさっぱり分からない。どうも男はファンで、穂高ゆうきはAV女優としてインタビューしてるらしい。
  3. そのままセックス。男の背中の毛が気になって仕方ない。最後は中出し。
  4. 男がシャワーを浴びている間に、テストの採点を始める穂高ゆうき。意味が分からない。シャワーから出てきたのはさっきとは別のおっさん。「教師仲間」らしい。
  5. おっさんとセックス。穂高ゆうきが自分でアナルを弄っているシーンが見所。白く見えるのは愛液?
  6. 3人目の男とセックス。レオタードからはみ出たおっぱいがエロい。メイクがちょっと落ち気味なのが気になる。

感想

最近のお気に入り女優、穂高ゆうきさんの作品です。可愛い一辺倒のAV女優と違って、色気があります。ブログやらツイッターをやらない、ミステリアスな雰囲気が「いい女」感を引き立ています。

本作ですが、感想をひとことで言いますと、

教師という設定いらなくね?

まあ、設定なんて別にどうでもいいのですが、見ていると混乱します。教師→AV女優→教師→AV女優と設定がぴょんぴょんジャンプしているみたい。

意味不明なくらいなら設定なしで普通にヤってればいいと思うんです。

一応、ハンディカメラを持ってはいるのですが、ハメ撮りになっているのはインタビューのときぐらいで(インタビューのときの囁くような話し方は魅力的)、ほとんどの部分はハンディーカメラが横に転がっている状態で進んでいきます。

こんな具合で全体的に作りが荒っぽい。年度末に「予算余ったから、とりあえず何か撮っておく?」みたいなノリで作られたんじゃないか、という想像させてくれる作品です。

「中出し」の部分も雑かな。3発目の最後に、オマンコから精液がドロっと出てくるシーンも、直前に露骨に画面が切り替わっていて興ざめしてしまいました。

そういうわけで残念な点が多い作品ではあります。DMMでの評価が低いのは納得です。でも、女優は最高です。映像も綺麗だし、アップも多い。穂高ゆうきが好きなら、買ってもいいんじゃないでしょうか。「おすすめ!」とは私はけっして言いませんが。

現役巨乳女教師の危険日中出しオフ会

YukiHodaka019

YukiHodaka018

YukiHodaka017

YukiHodaka016

YukiHodaka015

YukiHodaka014

YukiHodaka013

 - モザイク