瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

星野ナミ「巨根ズボズボ」 - 糸を引く液が愛おしい

   

星野ナミの巨根モノ。ペニスがデカい男達4人にムッチリした体の星野ナミがやられる。特に、最初の男優の反り立つようなペニスが印象的でした。「巨根」とタイトルにある割には、結合部の接写が少ないのがちょっと残念。

作品概要

NamiHoshino001
5段階評価: 3
タイトル: 巨根ズボズボ
出演女優: 星野ナミ
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2014/04/05
収録時間: 118分
監督: 椿一刀

全体の流れ

  1. 「大きいおちんちんの練習」としてディルドに跨る。
  2. 最初の男優。確かにデカい。真っ直ぐに反り立つのが羨ましい。奥まで挿入するのに時間がかかる。奥に入れようとしているときに星野ナミが体を震わせ「ああっ、すごい・・・」と言うところにちょっと興奮。途中でペニスを抜いた瞬間に、バチンとペニスが跳ねるように、マンコから抜かれるシーンが印象的。最後はお顔に。
  3. ローションまみれになってセックス。陰毛の処理をほとんどしていない様子。今度の男優のは太い。最後はお顔に。
  4. 3P。前戯でマン汁が糸を引き、マンコから雫が垂れるシーンあり。やはり結合部のアップは少ない。最後は口と顔に。

感想

どっちかっつーと、巨根云々よりも、最後の3Pの前戯が興奮しましたね。僕的には。

よく見ないと分からないのですが、マン汁が垂れるのを拝むことができます。でも、改めてみるとローション疑惑アリかな。

多分、1人目の男優が一番立派なものを持っていそうです。長く、グインとカーブを描くように反ったペニスです。このペニスを、ゆっくりとゆっくりと、少しずつ入れていくときの、少し緊張気味の星野ナミの表情がいいです。

奥まで入ると一度ペニスを抜くのですが、抜いた瞬間にペニスが弾けるように男優側に跳ねてました。本当に挿れていることを証明しようとしているのか、巨根だからできる彼の得意技なのか。

あとの見所は、3Pの前戯ですね。大開脚をさせられ、オマンコとアナルがドアップになっている状態で、男優が糸引くマン汁をアピールします。

全体的にはちょっと淡白な作りかと。「巨根ズボズボ」というタイトルのくせに、最初の男優を除けば、あまり巨根をアピールしていません。遠巻きのアングルが多いし。余計なシーンが少ないのはいいんですけどね。

【関連作品】
星野ナミ「星野ナミのおもてなし痴女」 – 妖艶な色っぽい女性へ路線変更?色っぽい星野ナミが堪能できる
星野ナミ – 「いけない新任所教師」 立ちバックは必見
星野ナミ – ブリブリンのおケツに男が顔を埋め、女は腰を上下する

NamiHoshino011NamiHoshino010NamiHoshino009NamiHoshino008NamiHoshino007NamiHoshino006NamiHoshino005NamiHoshino004NamiHoshino003NamiHoshino002

 - モザイク