瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

香椎りあ、その卑猥な曲線美

   

作品概要

香椎りあ、その卑猥な曲線美
5段階評価: 3
タイトル: その卑猥な曲線美
出演女優: 香椎りあ
配信サイト: MGS
配信開始日: 2016/05/20
収録時間: 145分
監督: 肩ひろし

全体の流れ

  1. 大人のAV感が漂うイメージシーン。
  2. ピタっとした小綺麗なワンピースを着た香椎りあ登場。男優がやってきて無言でキス。履いている下着もおしゃれ。マンコの脇に飛び出た陰毛が卑猥。手マンで潮を吹く。立ちバックで挿入。スタイルいいですね~。足が長い!体位を次々と変えて激しいセックスをする。最後は顔射とお掃除。
  3. インタビュー。結構ふてぶてしい態度が魅力的。
  4. ガラスのテーブルにおっぱいを貼り付けて、ディルド相手にフェラチオ。オマンコに挿入する。陰毛絨毯にばかり目が行く。
  5. 1対1のセッション。フェラチオ、パイズリから挿入。騎乗位で跳ねまくる。オルガズムを迎えた直後に体を痙攣させる。男優の顔は一切見せず、ひたすら騎乗位で、最後はお腹に。
  6. 目隠しに、両手を拘束されている男優を攻める香椎りあ。言葉攻めをしつつ、キスをして、フェラチオ。最後は口を使って顔精させる。指についた精液を舐め取る顔がいやらしい。
  7. 4人目の男優。ローションを体に塗りたくってセックス。体が光って、いいスタイルが更に良く見える。前戯もそこそこにバックで挿入。

感想

「キレイ過ぎてヌケない」というのが最初の感想です。

波多野結衣、鈴木杏里、香椎りあ、3大「キレイ過ぎてヌケない」AV女優です。僕は3人とも好きなんですけどね。

今回の作品は佳作と言えばいいんでしょうか。いいんだけど、いいんだけど、卑猥さが足りないんですね。生々しさがないんです。陰毛を除いて。

しかし、香椎りあさんは、お顔もスタイルもパッケージどおりの美しさなので、とにかく美形が好き、スタイルがいい女優が好きという方にはおすすめです。本当に美脚なのでタイトルに偽りなしです。背景をシンプルにした映像もとてもきれい。なので、買って後悔はしないのではないかと。

ちなみに、本作はDMMでもMGSでも販売されていますが、値段は同じでMGSの方は15分の特典映像付きです。

香椎りあ、その卑猥な曲線美

cap_e_1_abp-481

cap_e_0_abp-481

cap_e_2_abp-481

cap_e_3_abp-481

cap_e_4_abp-481

cap_e_5_abp-481

cap_e_6_abp-481

cap_e_7_abp-481

cap_e_8_abp-481

cap_e_9_abp-481

cap_e_10_abp-481

cap_e_11_abp-481

 - モザイク