瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

「マジ軟派、初撮。707 in 日暮里 チームN」を見た感想

   

作品概要

マジ軟派、初撮。707 in 日暮里 チームN
5段階評価: 1
タイトル: マジ軟派、初撮。707 in 日暮里 チームN
出演女優: ヒカリ 23歳 美術の制作スタッフ
配信サイト: MGS(独占)
配信開始日: 2016/10/2
収録時間: 60分
監督: 不明

全体の流れ

  1. 日暮里駅前でナンパ。最初に声をかけた子は日本人じゃないらしい(顔は映っていない)。「ミャンマー人です」と聞こえるが、男優は理解していない様子。カメラマンはミャンマーが沼津に聞こえたらしく、「沼津から来たって言ってたよ」と言い出す始末。ある意味、本作のハイライト。
  2. 2人目は今回のヒカリさん。足元だけ見るとダサい。顔は綺麗だけど、ちょっとイモっぽい。ホテルに行ってインタビューをしつつ、下着姿を撮影。だんだん露出が多くなり、乳首を見られても、ほとんど抵抗しない。最終的にブラを撮られて、乳首からオマンコまで触られる。
  3. 電マで遊んでから、お尻をカメラに突き出し、男優にアソコを弄られる。陰毛の生え方が生々しい。マン汁が糸を引いているらしいけど、アングルが遠くて分からない。
  4. フェラチオからシックスナインになり、正常位で挿入。男優のがデカいのか入れる瞬間痛そうな表情をする。騎乗位→バック→立ちバック→正常位になって、最後は胸の上に射精。

感想

いや~、一度も勃起しませんでしたね。

ヒカリさんは綺麗なんですよ。中野美奈子アナっぽくて。写真とあまり変わらないと思います。おっぱいも「美乳!」って感じではありませんが、性欲をそそるものがあります。まず、23歳じゃねぇだろうと思いました。30ちょっと前くらいじゃないでしょうか。

でも、そこもたいした問題ではありません。30ちょっと前くらいでもいい女はいい女です。

エロくないんですよねー。

エロさがない。綺麗すぎてエロくない、とも違う。どちらかというと、「素人すぎてエロくない」です。

例えるなら、顔はそこそこ美人で、一応サービスはしてくれるけれど全体を覆うサバサバ感が否めなくて、地雷じゃないけれど全然満足できなかったソープ嬢とのプレイみたいです。個人的には卑屈さを感じさせる笑い方も苦手。

経験人数が1人みたいなことを言っていましたが、本当にそんな風に見えます。この方はAV女優なんでしょうか?本物の素人にしか見えません。素人が好きな方は楽しめるのかもしれませんが、僕はこの作品で単体女優の偉大さを理解しました。

あと、男優がね。普通にセックスを楽しんでいるだけで、ビデオとして見せようという姿勢が感じられません。投げやりに見えるんです。男優というのも重要なポジションなんだと改めて思いました。

やはり人を悦ばせるには、きちんと創作しないとダメだということなんでしょう。揺れるおっぱいとか映像的には悪くはないのですが、雰囲気というものがまったく感じられませんでした。ひたすら(こちらのことを全く気にしていない)カップルのセックスを眺めているだけです。

cap_e_0_200gana-1171-mincap_e_1_200gana-1171-min

cap_e_2_200gana-1171-min

cap_e_3_200gana-1171-min

cap_e_4_200gana-1171-min

 - モザイク