瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

三上悠亜 - パンティーにシミが出現して、それが広がっていく・・・

   

作品概要

5段階評価: 5
タイトル: 女子校生アイドルと放課後にエッチしよっ
出演女優: 三上悠亜
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2016/06/01
収録時間: 171分
監督: 不明

全体の流れ

  1. 学校の教室で授業を受けるシーン。メガネが可愛い。放課後、教室で同級生の男子の勉強に付き合う
  2. 突然、制服と場面が変わり、保健室で教師にキスをせがむ三上悠亜。唇を突き出す顔が可愛い!そのまま濃厚なキスをしてベッドへ。パンティー越しにクリトリスをいじられると、あれ!?さっきまでなかったシミができてる(カットなし)!制服+おっぱい露出という格好で本番。最後は顔射をしてお掃除。
  3. 水泳部の部室?試合に負けて落ち込む同級生を慰める三上悠亜。ピチピチの水着が表現する極上のスタイル。膝枕をしているうちに、エロい方向へ。三上悠亜が四つん這いになると、水着の股間部分に再びシミが。それを指摘されたときの素で恥ずかしそうな表情がいい。シミは直接触れていないのに大きくなっていく(カットなし)!最後は本番なしでパイズリ→お掃除。
  4. 教室でブルマ姿。教師、生徒と3P。最後は顔射2発。終わってから「どっちが良かった?」と聞かれて、「先生」と悪戯っぽい表情で答える。
  5. 自宅でバイブで攻められる。
  6. 冒頭の放課後の場面に戻る。今までのシーンは全部、男性性との妄想だったというオチ。いい雰囲気になって教室で本番。机の上で足を開帳させ、オマンコから愛液の糸を引かせるが、見えない!机の上でセックスをして、最後は顔射→お掃除。終わったあとに「好き」というときの表情が反則。

感想

とてもしっかりと作られているという印象です。人気女優だけに、製作側も本気で撮っているのが窺えます。

学校の壁に「廊下を走らない」という張り紙がありまして、これはAKB系のグループのアルバム「廊下は走るな!」の揶揄かと。それと、母親(顔は出てきません)とのやり取りの場面等、細部にまできちんと作られています。

三上悠亜さんは表情がいいですね。素で恥ずかしそうに笑ったり、おかしそうに笑ったり、活き活きとしています。その対比で、フェラチオのときに見せる色っぽい表情が印象に残ります。ペニスの表面を舌先でなぞるようなフェラチオも、労わりの心を感じます。

それぞれのセッション毎に髪型と雰囲気(表情や話し方)を変えていて、この辺りの演出も手伝って、171分という長い時間なのに飽きを感じません。

「学校」というところを強調しようとしているのか、完全に裸になるシーンがまったくないのですが、胸はきちんと出していて、あまり気になりませんでした(後から見返して気付いた)。ただ、お尻に拘る人には少し不満は残るかも。

個人的には、濃厚なキスとシミのシーンが好きですが、こんなプレイ、あんな格好というよりも、三上悠亜さんの表情や雰囲気を楽しむ作品ではないでしょうか。いい作品だと思います。

余談ですが、1:45分頃(3Pが終わったあとのシーン)に三上悠亜さんが、自分の耳たぶを引っ張る場面があるんです。癖なんでしょうか。とても可愛らしいのですが、耳たぶがびょーーーんって伸びて、びっくりしました。

三上悠亜 女子校生アイドルと放課後にエッチしよっ

 - モザイク