瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

宮澤ケイト - 白濁液系エロビデオの最高傑作!

   

名作無修正ビデオです。「白濁液」系エロビデオの最高傑作の作品です。とにかく垂れる、垂れる。これをAV史に残さずに、他に何を残そうと?表情、声、抜群のエロさです。顔が整いすぎていないところも(失礼ながら・・・でも魅力的ですよ)、逆にエロさを感じさせます。

作品概要

KeitoMiyazawa_eyecatch
5段階評価: 5
タイトル: エロいOLの依頼受けます
出演女優: 宮澤ケイト
配信サイト: カリビアンコム1本道
発売日: 2010/02/02
収録時間: 62分
監督: 不明

全体の流れ

  1.  廃墟でOLの格好をして手足を鎖でつながれた状態で登場。拘束されたまま2人の男にイラマチオをされ、口の中に射精。途中で、「オエっ、オエっ」とエロくない嘔吐声を漏らす。
  2. 軟禁は続き、オマンコの部分がパックリあいた下着を着させられる。なぜか顔がちょっと笑い顔。その下着のまま、バイブ&手マン。喘ぎ方がなんとも特徴的。痛々しいくらいに激しくバイブで攻められると、オマンコから白い液体があふれ出す。
  3. スキンヘッドの巨根(太い・・・)男とのセックス。正常位の途中でいきなり白い液がオマンコから垂れはじめる。カメラがとらえた21世紀のひとコマ。液はオマンコから尻の穴まで濁流のように大量に流れる。最後は中出し。白い液体で股間はわけがわからない状態に。
  4. これまでの「軟禁されたOL」設定はどこにいったのか?衣装と場所を変えて、いきなりバイブでオナニー。画面が変わって、男達に囲まれてダブルフェラ。また画面が変わって、1対1でシックスナイン。
  5. 3P。量は先ほどより少ないが、また白い愛液を垂らしている。最後は2人に中出しをされる。
  6. 最後は開放されたっぽい。ドアを開けると外から眩しい光が。しかし、宮澤ケイトはドアを閉めて外には出ないという、エロビデオの分際でに暗示的な演出で終わる。このシーン、ちょっとだけ北川景子に似ている。

感想

まず、顔がエロいです。パッケージほど美人じゃないんですけどね、むしろその方がいいって思うようなエロ顔。スタイルもいいです。

派手さがなく、本当に会社でOLしてそうですね(本作はOLもの)。で、その普通にいそうな彼女が、白い液を出しまくる。

で、さっき1本道のレビュー見たら、「ローション使いすぎ」ってあって・・・

ローション???

いや、まさかぁー。だって、ほら、ローションってあんなにいきなり溢れ出てこないよね。それにあんなに白くなる?まさかね。

宮澤ケイトさんの「白濁液大量分泌」は前半の指入れから始まって、激しく手マンをされると、白いのがドバドバ。マンコに突っ込まれたバイブを抜かれて、またドバドバ。乱れ方もすごい。

「ンいや、ンいや、ンいや、ンいや、ンいや、ンいや(嫌、嫌、嫌・・・)」

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ・・・・」

「ひぃ、ひぃ、ひぃ、ひぃ、ひぃ・・・・」

男達に体を押さえつけられながら足をM字に開脚して、演技も忘れているかのようなその乱れっぷりは、お産のような緊迫感さえ感じます。

ハイライトはその次のセックス。途中でだんだんとオマンコの周りが白くなってくるのですが、ある瞬間から白い汁がドロドロっと流れ始める。その量が半端じゃない。精液に見えるが精液ではない。で、最後に中出しされるんですが、精液が白い愛液の上をスルスルと流れ落ちていく。こんなエグいシーンって他にあります?

このビデオは、カリビアンコムと一本道の月額動画と、カリビアンコムプレミアムの単品販売の両方で提供されています。どう棲み分けをしているのかさっぱり分かりませんが、3つのサイトで配信されるのは名作の証なんでしょう。

宮澤ケイト エロいOLの依頼受けます 前編 (カリビアンコム)※後編もあり

宮澤ケイト 作品名なし (一本道)

宮澤ケイト ゴールドエンジェル Vol.9 (カリビアンコムプレミアム)

KeitoMiyazawa002



※実際のビデオにはモザイクはかかっていません。

 - 無修正