瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

並木優「究極の尻フェチマニアックス」 - 並木優の綺麗なお尻を拝みましょう

   

並木優さんです。2008年デビューなんですね。最近は音楽活動もしているそうです。本作はお尻にフォーカスした作品です。ご自身でお尻が大きいと言っているように、確かに立派なお尻をしています。お尻もアナルも綺麗だからいいんですが、ちょっとお尻一辺倒な作品ですね。DMMのレビューでの評価は高いです。

作品概要

YuNamiki_011
5段階評価: 3
タイトル: 究極の尻フェチマニアックス
出演女優: 並木優
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2014/03/15
収録時間: 182分
監督: オシリハカセ

全体の流れ

  1. お尻丸出しでインタビュー。穴をパックリ。弄られながらも質問に答える。
  2. 1対1で本番。騎乗位でのお尻の動きがいやらしい。ボールみたいに跳ねまくっている。ずーっとお尻を映して、最後はお尻の上に。
  3. 尻コキ。イマイチ。
  4. 3P。やはりお尻を強調。ひとり太いのがいる。
  5. お尻に白いローションを垂らされながら、1人でディルドを挿入。イマイチ。
  6. ちょっとお疲れな顔でフェラチオ→顔射。量が多い・・・
  7. 和室でエッチ。自分でオマンコを開いてペニスを迎えて挿入。最後はやっぱりお尻に。

感想

当然ではありますが、お尻ばかり映しています。

「尻フェチ」とタイトルにあるくらいだから、お尻ばかり撮るのは間違ってはいないということなんでしょうが、

もうちょっとメリハリがほしい。

ほとんど同じ体位、同じアングルですからね。

「さりげなく強調する」という姿勢が多少はあってもいいんじゃないでしょうか。

ひたすらお尻を映すっていうのはちょっと違うんじゃ・・・

まあしかし、綺麗で魅力的なお尻をされています。顔も綺麗ですし。

個人的には最後のセッションで、「おちんちん入れてください」と言いながら、自分の股間を指で開くシーンが一番エロかったです。

究極の尻フェチマニアックス 並木優

YuNamiki_001YuNamiki_002YuNamiki_003YuNamiki_004YuNamiki_005YuNamiki_006YuNamiki_007YuNamiki_008YuNamiki_009YuNamiki_010

 - モザイク