瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

南波杏「拷問くらぶ」-トップAV女優がここまでしていた時代

   

南波杏の「拷問モノ」ビデオです。よくも、ここまでやったなという感想です。本格的な「拷問ビデオ」愛好家からすれば、子供の遊び程度にしか見えないのでしょうが、彼女は当時のNo.1AV女優です。言ってみれば、現在の北川景子が「家なき子」の主役をやるようなものです。ある意味では貴重といえば、貴重な作品と言えます。

作品概要

5段階評価: 2
タイトル: 拷問くらぶ
出演女優: 南波杏
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2006/12/13
収録時間: 117分
監督: 速水健二

全体の流れ

  1. 手足を拘束された状態で椅子に座ってインタビュー。体のあちこちに「ロングライフパッド(体に貼り付けるマッサージ器のようなもの)」が張り付いていて、インタビュー中にスイッチを入れられて、笑いながら喘ぐ南波杏。miad00238-2
  2. 手足を拘束され、マットに横になっている南波杏。小型カメラで体の表面を毛穴が見えるくらいにアップで撮られる。陰毛やら鼻毛やら。乳首やアナルの超アップも。
    miad00238-5miad00238-4
  3. 天井から吊るされている紐に上半身を縛られ登場。中にカメラが仕込まれた吸引機で乳首やケツや陰毛を吸われる。アナルが吸い込まれる瞬間は、マニアが悦ぶこと請け合い。miad00238-7
  4. 今度はM字開脚状態で天井から吊るされている。手マンをされて潮を吹いておしまい、という消化試合のようなセッション。miad00238-10
  5. 全身舐め地獄。診療台の上で6人の男に全身を舐め回される。顔もベロベロ舐められて唾液だらけに。今よりも痩せている男優・吉村卓さんもいる。miad00238-11
  6. 昇天地獄。手足を縛られバイブ攻撃。なぜか昇天とは関係のないイラマチオまでさせられる。縛られたまま吉村さんと本番。最後は顔射。
    miad00238-17miad00238-16
  7. マングリ返し体勢でソファに拘束。マンコに指を入れられる。次にネギを挿入。ネギの次はゴボウ。それからキュウリ、人参、ソーセージ、ゴーヤ、ズッキーニを次々に入れらる。最後には、ウナギが登場し、泣き叫ぶ南波杏。そのウナギにコンドームを被せて、本当にオマンコに挿入する。最後はお腹にウナギを放置され、悶絶しつつむせび泣く南波杏。miad00238-19
  8. 顔射地獄。また手足拘束でソファの上に。オモチャでいじられながら、顔に次々とかけられる。miad00238-25
  9. 浴尿地獄。
  10. 全身拘束のブルマ姿で正座をする南波杏に、男達が次々と放尿。頭からもかけられる。裸ではなく、服を着させられているところがミソ。miad00238-26
  11. 強姦地獄。やや強引だけど普通の3P。南波杏特有のイっちゃってる目をしてる。
    miad00238-34miad00238-33miad00238-37

感想

ご覧のとおりの内容です。

人権というものを考えるのにはうってつけの作品ではないでしょうか。

彼女、当時トップクラスのAV女優だったんですよ?AV女優別の年間総売上No.1だった頃でっせ。

そんな人がここまでやるんだから、そのド根性には敬服するばかりです。

そんな作品なので、本作はいくつかの楽しみ方、および利用方法があります。

  1. 苦しみ耐える人の美しさを堪能する。
  2. 本作をとおして、お金を稼ぐことの大変さを誰かに伝える。
  3. こんな辛い仕事に耐えている人もいるのだと理解し、自身の仕事のモチベーションにする。

おまけ程度に本番シーンが2回ありますが、エロビデオ(オナニーの対象になる映像)として本作を利用するのは、一部の方を除けば、あまり適切ではないかもしれません。

 - モザイク