瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

わずか4作品なのに人々の記憶に残るAV女優、坂井里美「新絶対美女、お貸しします」

   

作品概要

5段階評価: 3
タイトル: 新・絶対的美少女、お貸しします。 56 坂井里美
出演女優: 坂井里美
配信サイト: MGS
配信開始日: 2016/03/16
収録時間: 130分
監督: マンハッタン木村

全体の流れ

  1. インタビュー。ゲーム(RPG)が好きらしい。素人男の家に派遣されるという趣旨を説明。
  2. 最初の素人宅訪問。普通の住宅街のアパートへ。14:25~の階段を上がる坂井さんのスカートを映すシーンがステキ。歯並びの悪い男の部屋に入る。シャワーを浴びて裸に。おっぱいがデカい!固定されたいくつかのカメラでのハメ撮り。男はやたらとキスをする。前戯後、騎乗位→正常位→バックと変化。最後は騎乗位で終了。おっさん、気持ち悪かった。
  3. 2人目の素人。髪型だけはオラオラ系だけど、腰が低くて話し方が優しそう。ソファに座って濃厚なキスからセッション開始。今回はハメ撮りじゃないみたい。クンニをしてから、フェラチオ。チンコが小さい!前戯のあと、正常位から挿入。バックに移るときに、アナル付近に微かに白い液が!その後、騎乗位へ。白くて大きなお尻が揺れる姿がいい。最後は正常位でコンドームの中に。
  4. 3人目は顔出しOKのドM男。舌を出しまくるキスが気持ち悪い。ソファでクンニをしてから、顔面騎乗位。おっパブスタイルでおっぱいに顔を埋めまくる。気持ち悪いけど、やってることは羨ましい。そのスタイルでビンタをするように懇願する男。次に乳首をつねるようにお願いする。男のパンツを脱がして、パイズリ&キス。やはり羨ましい。玉舐めをしてから、騎乗位で挿入。「出そう」という男に、「ダメ」と言いながら自然にビンタをする坂井里美。座位やタチバックを経て、最後は正常位で強めのビンタを男に浴びせながら胸に射精→お掃除。
  5. 終了後、裸のままインタビュー。
    監督「(実は)男優さんです」
    坂井「気付きました」
    監督「え?どこで?」
    坂井「最初です。なんか位置取りがうまいし、カメラの動きがスムーズだったので気付きました」
    少し怒っている?ような表情。冷めたような顔が本作のそれまでの表情とは違う。

感想

小さい(149cm)のに巨乳(Gカップ)。黒髪が綺麗な坂井里美さんです。ルックスはかなりいい女優さんじゃないでしょうか。松本めいさんに体型が似ていますね。以前、レビューに書いた女子マネージャーの作品とは、随分雰囲気が違います。あと、ちょっとお腹がぽっちゃり化しているような気が・・・

本作は、坂井里美さんが素人男の自宅に行きセックスをするという内容です。全部で3セッション。素人2人と男優1人。途中で移動のシーンがありますが、それ以外の余計なシーンはありません。

女優さんは素晴らしいです。お腹が少し気にはなりますが、色白でエロい体をされています。ただ、この作品はちょっとアングルが悪いかな。最初の歯並びの悪いおっさんのセッションは、固定カメラのハメ撮りで男が素人だからか(?)、アングルが最悪です。まったく面白くありません。スキップに値します。

2人目、3人目のセッションは、まだマシですが、もう少し下半身(お尻や足)を撮ってほしかったです。例えば、見終わっても陰毛の印象がほとんどありません。胸にフォーカスを当てすぎではないでしょうか。お尻も綺麗なのにもったいない。尻フェチの方にはおすすめできる作品ではありません。

私が印象に残ったのは最後の、「男優って気付きました」と感想を言うシーンですね。冷めた表情の素の彼女がなんとなく良かったです。ま、それくらいです。

坂井里美さんの作品って撮り下ろしが4本しかないので、本作はそのうちの貴重な1本です。買って損をしたという内容ではないので、ルックスや体型が好みの方は買っても後悔はしないと思います。

新・絶対的美少女、お貸しします。 56 坂井里美

 - モザイク