瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

★天然成分由来 園田みおん汁 120% 41 - 漂う緊張感の中でセックスに没頭していく・・・

   

作品概要

天然成分由来 園田みおん汁 120% 41
5段階評価: 5
タイトル: 天然成分由来 園田みおん汁 120% 41
出演女優: 園田みおん
配信サイト: MGS(独占)
配信開始日: 2016/09/29
収録時間: 110分
監督: マンハッタン木村

全体の流れ

  1. 男優吉村さんとのキスシーンから始まる。唾液と唾液でブリッジを作ったり、園田みおんの口に唾液を流したり、やりたい放題。後ろを向かせ尻を舐める。Tバックの周りに生えた陰毛がすっげー卑猥。吉村さんは激しいアナル舐め。いかにもアナルを舐められているという園田みおんの反応もいい。
  2. 吉村さん、とても醜い体型だけど、園田みおんが貪るように脇や乳首やペニスを舐めていく。横に寝かされ、顔の上に吉村さんが跨ってからの強制的アナル舐め。
  3. 前戯が終わると挿入。正常位で揺れながら唾液でベチャベチャのキス。騎乗位になると、今度は園田みおんが激しくキスをする。揺れると横に流れるおっぱいに逆に興奮する。バックを経て、再び正常位に。最後は吉村さんが園田みおん顔を舐めまくって、顔面に濃いのを発射!!!
  4. 森林原人との絡み。キスから始まる。網タイツと黒い下着がなかなか。ひととおり攻めると園田みおんが男優をチングリ返しにして、激しいアナル舐め。じゅるじゅると音を立てている。そのチングリ返しの格好のまま挿入。ずっと騎乗位で、揺れるおっぱいが美しい。背面騎乗位から仰け反って、キスを求める姿がとてもエロい。
  5. 最後は顔射と思ったら、そのまま2回戦目へ。今度は正常位やバックでする。バックのときにまたも後ろを向いてキスをする姿がエロい。2回目の最後も顔射。
  6. 体を紐で縛られて、いやらしそうなおじさんと絡み。形が歪んだおっぱいがとっても卑猥。肛門&ケツ毛のアップが拝める。縛られたままセックスするも、途中で腕だけは開放される。途中で首を絞められる。これは気持ちいいのか?最後は髪は乱れ、化粧は落ち気味で顔射。
  7. 4セッション目。いきなり後ろから挿入、前にフェラチオという3Pから始まる。途中で2人になったり、3人になったり。チングリ返しでの激しいアナル舐めあり。最後は顔に濃いのを2連発。

感想

結構な力作じゃないでしょうか。

最後の3Pは退屈でしたが、その前の3セッションはそれぞれ個性があって見応えがありました。

やはり、吉村卓さんが冒頭で出てくると作品が引き締まって見えます。まあ、とにかく顔を舐めまくる。職人気質さえ感じさせます。

タイトルから、霧吹きで水をかけまくって女優をビチャビチャにして、潮を吹かせまくるという内容を想像していましたが、ビチャビチャも潮吹きもほどよく抑えられていて、演出に興ざめすることなく楽しめました。「タイトルありきのプレイ」でないところが秀逸です。

一方で、余計な会話やイメージシーンを排除して、インタビューやオナニーシーンもまったくなく、独特の緊張感が作品全体に漂っています。その緊張感の中で、女優がセックスに没頭していきます。2セッション目の終わりの、体が痙攣する様子なんてとてもリアルですよ。

園田みおんさんは、相変わらずの肉感的な体です。揺れる自然なおっぱい、放置された陰毛・・・性欲をそそります。舌を駆使した激しいキスや男のケツの穴を吸いまくる姿に覚悟のようなものを感じました。彼女がソープ嬢だったら、歴史に残るソープ嬢になっていたことでしょう。

それにしても、理解できないのはレビューの点です。先日レビューした「マジ軟派、初撮。707 in 日暮里 チームN」の評価は「4.8」で、この作品は「4.0」なんですよ。素人モノにしては「4.8」、単体女優にしては「4」みたいな相対評価が働いているんでしょうね。

ちなみに、DMMのリンクはこちらです。
天然成分由来 園田みおん汁 120% 41

cap_e_6_abp-524-min

cap_e_7_abp-524-min

cap_e_8_abp-524-min

cap_e_9_abp-524-min

cap_e_10_abp-524-min

cap_e_11_abp-524-min

cap_e_12_abp-524-min

cap_e_1_abp-524-min

cap_e_2_abp-524-min

cap_e_3_abp-524-min

cap_e_5_abp-524-min

 - モザイク