瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

鈴村あいり「女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 001」 - ただやられるだけの作品はつまらない

   

作品概要

女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 001 【MGSだけの特典映像付】 +15分 鈴村あいり
5段階評価: 2
タイトル: 女子マネージャーは、僕達の性処理ペット。 001
出演女優: 鈴村あいり
配信サイト: MGS
配信開始日: 2014/10/30
収録時間: 185分
監督: みちるサン

全体の流れ

  1. 更衣室に体操服姿で登場。マッチョな男子部員に迫られ、フェラチオをさせられる。おっぱいを揉まれ、下半身裸にさせられ、アナルを舐められる。綺麗な尻穴。そのまま立ちバックで挿入。椅子の上で足をがばーっと開かれる姿はなかなかの見もの。男優のペニスが結構立派なのでドアップもシーンもいい。だけど、短い。最後は顔射。ただ、やられているだけで、退屈と言えば退屈なセッション。
  2. 部室で男性部員たちの前で、足を開いてオナニー。手コキをして、その後4人の部員にぶっかけられる。
  3. 1人だけ手を出してくれない先輩に鈴村あいりが迫って、トイレで乳繰り合う。ペニスが細長い。爽やかな先輩だけど、アナル舐めは執拗。最後はフェラチオから顔に勢いよくべっとり。
  4. 眼鏡+制服姿の鈴村あいり。男子部員とセックスをする。特徴のない普通のセッション。最後は顔に。
  5. 部室で複数プレイ。数人の男に挿入され、その他の男たちに顔にぶっかけられる。
  6. 特典映像は、スクール水着の格好で野外でフェラチオをして複数の男にぶっかけられる。

感想

イマイチですね。

作品のテーマからして仕方ないかもしれないけれど、鈴村あいりさんに主体性がなさすぎて、エロさを感じません。マネキンみたい。プレイ中に喘ぎ声以外の声を発していないですからね。自らキスをしたりもほとんどありません。ただやられるだけだと、どのセッションも同じように見えちゃうんですよね。

コンセプトはコンセプトのままで、もう少し積極性を持たせてもいいんじゃないんでしょうか。これでは、男性目線というよりも、気持ち悪い男性目線です。

スタイルもいいし、顔も可愛いのに残念。

cap_e_1_abp-210-min

cap_e_2_abp-210-min

cap_e_3_abp-210-min

cap_e_4_abp-210-min

cap_e_5_abp-210-min

cap_e_7_abp-210-min

cap_e_9_abp-210-min

cap_e_0_abp-210-min

 - モザイク