瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

高橋しょう子デビュー作。コメント欄に書かれているほど悪くはなかった。

   

作品概要

グラビア四天王たかしょーMUTEKI Debut 高橋しょう子
5段階評価: 4
タイトル: グラビア四天王たかしょーMUTEKI Debut
出演女優: 高橋しょう子
配信サイト: DMM独占
配信開始日: 2016/05/01
収録時間: 118分
監督: 不明

全体の流れ

  1. インタビュー。「初エッチは?」「シチュエーションは?」とかお決まりのやつ。
  2. インタビュー中に、パンツの中でチンコを勃起させた男が横から登場。「おっきい・・・」「恥ずかしい」「汁が・・・」という反応がAV女優というよりも、「グラビアアイドル」の反応で新鮮。初々しい。「触ってみたら?」と言われ、いきなり我慢汁をピトピト。手コキをはじめる。そのまま手で射精。
  3. 場面変わって、しみけん登場。すっげーベロチューする。潤んだ感じの瞳にそそられる。その後、下着姿→全裸に。確かにスタイルはメチャメチャいい。IとOは綺麗に剃っているのに、Vゾーンが放置状態の陰毛も個人的には好き。
  4. 軽く前戯(クンニとフェラチオ)をして、早々に挿入。正常位→騎乗位→バック→正常位。胸と顔ばかり撮っていて、お尻がほとんど映らないのが残念。最後は下腹部に射精。
  5. 水着姿で長いペニスをフェラチオ。最後は胸の上に。どうってことないシーン。
  6. 横顔が川ちゃん(ガレッジセール)似の男優とソファの上で絡み。今度は前戯長め。手マンから指を抜くと、川ちゃんの指が光っている。高橋しょう子は「すごいビチョビチョ・・・」と笑う。その後、健気な表情でフェラチオ。上を向く目がおじさんの胸を打つ。
  7. 立ちバックから挿入。結合部がバッチリ見えて、挿入がはっきり分かるけど、アングルはイマイチ。最後は顔射。量が少ない。

感想

さて、今更ながらたかしょーさんです。DMMで安売りしていたもので。

しかし、世知辛いですねー。鳴り物入りでAVデビューして、史上最高売り上げみたいな宣伝をされているのに、リリース3ヵ月後には半額ですよ。腐るものでもないのに、どうしてこんなに簡単に安売りしちゃうんでしょう。

DMMのレビューを見ると平均評価は4.4と高めですが、コメント欄ではネガティブな感想が多いですね。

僕はそんなに悪くないと思いました。

確かにアングルがイマイチでメリハリがないのですが、たかしょーさんの表情がいいです。AV女優ではなく、アイドルとしてAVに出演しているような雰囲気があります。恥じらいって大事ですね。この表情は、明日花キララには出せないでしょう。

DMMのコメント欄に偽乳疑惑についてのコメントがありますが、僕には偽乳には見えませんでした。超美乳だと思いました。川ちゃんとの前戯でソファの上に横になっているときなんか、だらーんと横に流れているじゃないですか。

まあ、明らかに偽ではなく、議論が起こるレベルならどっちでもいいですよね。我々は見るだけなんですから。

そういうわけで、賛否両論の本作ですが、私の評価は「4」でした。次回は顔や胸だけでなく、お尻もちゃんと撮ってほしいものです。

 - モザイク