瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

武井麻希「突貫アナル劇場 前編」 - じっくりと見るとかなり卑猥でいやらしい

   

色々と細かい部分がとっても卑猥なビデオです。でも、女優さんのルックスは悪くはありません。じっくり見ると、もっと楽しめる作品だと思います。そこまでじっくりとエロビデオを見る人がどれくらいいるのか、想像できないけど。

作品概要

MakiTakei001
5段階評価: 4
タイトル: 突貫アナル劇場 ~前編~
出演女優: 武井麻希
配信サイト: カリビアンコム
配信開始日: 2014/02/19
収録時間: 60分
監督: 不明

全体の流れ

  1. イメージシーン。おや?朝河蘭に似ている?と思ったけど、よく見ると似ていない。
  2. 指とバイブでオナニー。指入れオナニーで絶頂を迎える→指を離す→肛門とオマンコがヒクヒク動く、の流れが妙にリアル。オナニーシーンだからといって、飛ばしてはいけない!ついでにアナルにもおもちゃを入れる。やっぱり朝河蘭っぽいかな。
  3. アナルディルドを入れられながら、電マ攻撃。よ~く見るとジワジワとアソコから白い液が?でも分かりにくい。しかも残念ながら直後の潮吹きで流されてしまう。
  4. ナマ本番。前戯ではまたバイブで攻められる。バックから入れられているときに、男優のフニャチン具合が分かってしまう。ローション使いすぎなのが残念。

感想

この作品、タイトルに「アナル」とあるけど、前編にはアナル攻めはあってもアナルセックスのシーンはありません。アナルセックスをするのは後編。どちらも通常の1ヶ月会員になれば見ることができます。

この前編の本番は普通なのだけれど、前半のオナニーシーンが生々しさたっぷりです。

「全体の流れ」で書いたオマンコと肛門ヒクヒクもいいけれど、ピンクの太いバイブをオマンコに出し入れしているとき、突然肛門が盛り上がり始めたかと思うと、ブッシュっと少量の白い液体が飛び出すというシーンがある。瞬きをしていると見逃すくらい一瞬のシーン。

バリウム!?健康診断?

浣腸かな?だったら浣腸シーンも入れてくれたらよかったのに。

ルックスもスタイルも悪くないので、一般ウケする作品だと思うけど、「生々しく卑猥なもの」に興奮する人だったら、より一層楽しめるでしょう。

MakiTakei002MakiTakei003MakiTakei004MakiTakei005

 - 無修正