瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

宇都宮しをん「セクシーチャンネル」 - M男をいじめるシーンとかはいいけど、全体的にパっとしない

   

10連発ぶっかけやペニバンで男を犯す等、いろんなシチュエーションが盛り込まれている作品です。内容的にはちょっと退屈かな。無駄なシーンが多いのも残念。

作品概要

ShiwonUtsunomiya_010
5段階評価: 3
タイトル: セクシーチャンネル
出演女優: RION(宇都宮しをん)
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2014/05/03
収録時間: 238分
監督: FLAGMAN

全体の流れ

  1. フェラ→パイズリ
  2. 1対1のセックス。さすがの迫力の騎乗位。お腹の肉を気にしないわけにはいかない。ゴムの中に射精。その精液を口に垂らすが、ほとんど下に落ちる。
  3. OLさんの格好。オフィスでおもちゃ遊び→足コキ。
  4. シャワー室でセックス。普通かな。最後は額に射精。
  5. ディルドでオナニー。
  6. M男とセックス。男のアナルにバイブやを入れる。かなり奥まで入れる。途中でペニバンを装着してバックから男のアナルに入れる。楽しそう。でもヌケない。
  7. そのままM男とエッチ。すぐに終わってしまう。
  8. 男達に囲まれて顔に10発以上の精液をぶっかけられる。
  9. 1対1で濃厚なセックス。結合部の接写が多い。ネトっとしたキスがエロい。最後はお口に。

感想

M男をいじめる、情熱的なセックス、軽いコスプレ、ぶっかけ・・・セッションごとに色々なテーマを扱っている作品です。

ひとつひとつのセッションがあまりパっとしないですね。

ファンならM男を攻めているときの宇都宮しをんの楽しそうな表情は見る価値があるかもしれません。

ShiwonUtsunomiya_004ShiwonUtsunomiya_005ShiwonUtsunomiya_006

でも、そのM男へのアナル舐めは悪くはないかな。男をチングリ返しして、「きもい」だの「変態」だの言いながらアナルを舐めます。宇都宮しをんの体はチングリ返しをする男の下半身で隠れていて、佐々木希がアナル舐めをしているように見えます。

ShiwonUtsunomiya_002jpgShiwonUtsunomiya_003jpg

あとは、男達に囲まれて顔にぶっかけられるシーン。「すごいネバネバ」とか「いやらしい匂い」とかひとりずつ律儀に感想を言う彼女に優しさを感じます。映画「ローマの休日」の最後で、アン女王が記者ひとりずつと握手をする場面を思い出した。でも、そんな楽しみ方をする人はいないでしょうね。

ShiwonUtsunomiya_001jpg

この作品で一番いいのは、最後の濃厚セックスのセッションでしょう。キスをして唾液が糸を引くシーンは興奮しました。とは言っても、そのセッションのためだけに購入する価値があるかとうと、僕は「ない」と思っています。

ShiwonUtsunomiya_009

その他にコスプレが2パターンありますが、オマケ程度のものです。

ShiwonUtsunomiya_007ShiwonUtsunomiya_008

全体的にちょっと退屈な感じはあります。足コキやらパイズリといった時間稼ぎ的なセッションもありますし。

 - モザイク