瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

横山美雪 - アナル舐めとごっくんには興奮しました

   

作品概要

五感制限イカセ開発 横山美雪
5段階評価: 3
タイトル: 五感制限イカセ開発 横山美雪
出演女優: 横山美雪
配信サイト: DMM(独占)
配信開始日: 2010/06/25
収録時間: 117分
監督: 不明

全体の流れ

  1. テクノっぽいオープニングでビデオは始まる。恋人の主観映像。横山美雪は口を猿轡(さるぐつわ)をされ、前戯が始まる。パンツを脱がされ、オマンコとケツの穴のアップ。陰毛が濃く、マンコの脇の毛の生え方が生々しい。猿轡を取って、フェラチオ。また猿轡をして正常位で挿入。股間が陰毛で真っ黒。
  2. 背面騎乗位からバックになる。バックで入れられると「おっきい!」を連発する横山美雪。最後は正常位になって顔射。kawd00268-5
  3. スポーツジムで汗臭い男と、クリップみたいなので鼻を挟んでプレイ。体のデカイ男と横山美雪が並ぶと、巨人と小人みたいに見える。前戯で毛がボーボーの男のアナルを舐めるシーンがハイライト。長い時間アナル舐めをさせられる。汚ねぇケツと綺麗なお顔のコントラスト。フェラチオではカウパー腺液を舐めさせられる。そのままフェラチオから大量顔射。精液にまみれた顔が卑猥。kawd00268-2
  4. 網タイツのバニー姿で登場。耳をヘッドホンで塞がれたまま、スキンヘッドの男に媚薬を飲まされ前戯をする。網タイツのままオマンコとアナルを露出した姿がなかなかいやらしい。このセッションでも「おちんちん、大きい」って言ってる。正常位、騎乗位、立ちバック、駅弁、最後は正常位に戻ってから口の中へ。立ってヤっているときの腰使いがいやらしかった。kawd00268-8
  5. 目隠しをされ、M字開脚でソファに座った状態でバイブで弄られる。潮を吹いておしまい。kawd00268-7
  6. メイド姿。手足を拘束された状態で仕事をしている。仕事がなっていないとご主人様にお仕置きをされる。とりあえずパンツを下ろされ、アナルのドアップ。次にオマンコのドアップで広げられる。前戯が終わると下の状態のまま挿入。ずっと股間が開いたままで、なかなかいい映像。男優がやたらとキスをする。顔射でおしまい。最後に顔にかけられた精液を口に集めてごっくんする。
    kawd00268-3kawd00268-10kawd00268-9

感想

五感を制限した状態でエッチをするというコンセプトの作品です。しかし、そのコンセプトは伝わりにくく、見ていてどうでもよくなってきて、どちらかというと「コスプレもの」という表現の方が内容を正しく伝えていると言えるでしょう。それはそれでいいんですけど。

久しぶりに見ましたが、綺麗な方ですね。「AV女優顔」じゃないし。美形でもエロさがあり、弄る役も、弄られる役もハマる。自然で小さめの胸も、巨乳AV女優ばかり目立つ今となっては好感が持てます。

作品についてはカメラアングルはメリハリがあっていいのですが、各セッションの違いが小さいです。シチュエーションや服装を変えているだけに、そこは残念。

それでも、アナル舐めのシーン、大量に顔射され、カット無しでその顔をドアップにしたときの表情、ごっくん等、ほんのちょっとしたところで、光るシーンはあります。そのあたりをどう捉えるかで、評価が分かれると思われます。瞬間に拘る方なら楽しめるのではないでしょうか。個人的には3Pがないのもいいです。

ただ、やっぱりもうひと工夫ほしかった。

 - モザイク