瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

横山美雪 - 最後の居酒屋のシーンはよかった

   

「周りに人がいる、人が来そうなところで、こっそりとエッチ」というのが本作のコンセプト。しかし演出が強引というか、まったく「公然」っぽくないのでかなり興ざめです。最後の居酒屋のトイレのシーンだけは、リアリティがあって見る価値があります。DMMのレビューでの評価は高いようです。

作品概要

Miyuki Yokoyama04
5段階評価: 2
タイトル: 公然誘惑
出演女優: 横山美雪
配信サイト: DMM
発売日: 2011/11/06
収録時間: 115分
監督: ザック荒井

全体の流れ

  1. どうしようもなく詰まらないインタビュー。
  2. 高校(?)の授業中に隣の男子生徒に絡む横山美雪。手コキのみ。噴水のように精液が飛ぶ。
  3. 教壇に隠れて先生にフェラチオ。髪型が可愛い。最後は口の中。
  4. 保健室で生徒を誘惑する保健の先生。ベッドの上で本番。最後はお顔に。陰毛が濃い。
  5. 彼の家に遊びに来た彼の上司に隠れて、キッチンで彼とセックス。お尻が綺麗。最後は口元に。
  6. 不倫相手が奥さんと電話をしているときに、フェラチオをしてあげる横山美雪。シチュエーションに合わせて髪型やメイクを変えているようだ。
  7. インタビューをしている居酒屋の座敷でスタッフ(?)にフェラチオ→本番。トイレに移動して、また本番。このトイレのシーンが「隠れてやっている」感があっていい。

感想

最後の居酒屋以外は、完全に作られたシチュエーションで、普通のエロビデオの撮影と何ら変わりありません。最後の居酒屋シーンのクオリティーだけが際立っています。彼ら(横山美雪と男優)は始終声を押し抑えて会話をし、座敷、階段、トイレでフェラやセックスをします。

途中、居酒屋の階段でフェラチオする場面で、彼女が男優のペニスを吸ったときに「ヌプププ」と音がするんです。それに対して、「音が大きいよ!」(小声)と男優がつっこむのですが、僕は何故かこのシーンにエロを感じました。男優がハンディカメラで撮影していることもあり、結合部(といってもモザイクがかけられているわけですが)にフォーカスしているシーンが多いのも良いです。

この居酒屋のシーン以外は、たいしたヌキどころはありません。唯一良かったのは、学校の教室でフェラのシーンで、射精を終えたペニスをお掃除する画が妙にエロかった、というところです。

それにしても、彼女は若いのに色気がありますね。可愛いお顔と剛毛のギャップもなかなかです。貧乳はあまり好きではありませんが、彼女のビデオはわりと好きです。

このビデオはDMM.comから購入することができます(500円~)。DMMのレビューでは評価高いんですよね。感想は人それぞれということですかね。

DMMで横山みゆきのビデオをチェックする

 

短くて画質が悪いですが、このビデオのサンプルです。

 

 - モザイク