瞬間にこだわるAVレビュー

収録時間すべてが抜けるAVなんてありません。いつもスキップするパートに「抜ける瞬間」があるかもしれない。その瞬間を発掘したい。「抜ける瞬間」にこだわってAVのレビューを書いていきます。

「横山美雪」屈辱の全裸インテリOL - 女優も、男優もすごい迫真の演技(ネタバレあり)

   

DMMのレビューで評価の高い本作。完成度の高いエロドラマ仕立の作品である。
キャリアウーマンで部下に厳しい横山美雪課長。あるプロジェクトに失敗し、降格、左遷されてしまう。厳しくしていた元部下達は、目上の立場になる。ある日、以前いた部署に呼び出され、元部下に今からストリップをしろと・・・

作品概要

屈辱の全裸インテリOL 横山美雪
5段階評価: 5
タイトル: 屈辱の全裸インテリOL
出演女優: 横山美雪
配信サイト: DMM
配信開始日: 2013/12/16
収録時間: 133分
監督: 間壁F

感想

出演者の演技が素晴らしい。元部下で今は課長になっている男優の非人道ぶりと、その部下達のクズっぷりが素晴らしい。そして、本当に困惑し嫌がっているような横山美雪の表情。声が震えている。この緊張感と陰毛・アナルの生々しさのアンバランスが、AVでしか見られないおかしみを出している。

アップで悔しさを滲ませながらフェラをする横山美雪の横顔は必見である(おまけに、この男優のペニスが長い)。唇を噛みしめてするセックス。レイプものよりも、犯されている表情をする。結合部もバッチリ見える。

その後、商談の相手にフェラチオをさせられ、大学の同級生だった取引先社員にもセックスをさせられ、精子を飲まされる。性奴隷状態だ。クンニをされているときの、眉間に皺を寄せて口をつぐむ表情がたまらない。

最後は憧れの部長との絡み。デスクの上で尻を突き出した状態で手マンを受ける。デーンとアップになった尻と中心にある穴が美しい。ソファの上でも尻をアップにして手マン。そのときの上を見上げる目が・・・挿入してはモザイク越しにペニスがだんだんと白く汚れていくようにも見える。

画面が明るく、カメラアングルの引きとアップのメリハリがあるのも良い。ストーリーはアホらしいが、出演者全員がこれまたアホみたいに真剣に演じている。それが作品全体の緊張感を高めて、エロさを演出している。

屈辱の全裸インテリOL 横山美雪

単純に女が堕ちていくだけのストーリーでなく、逆転があったりする。彼女が辞めない理由を、冒頭の辺りにチラっと見せておいて、最後に明示するという凝った伏線もある。その辺りの展開は見てのお楽しみ、ということで。

Miyuki Yokoyama024Miyuki Yokoyama025Miyuki Yokoyama026Miyuki Yokoyama027Miyuki Yokoyama028Miyuki Yokoyama029Miyuki Yokoyama030Miyuki Yokoyama032Miyuki Yokoyama033Miyuki Yokoyama034

 - モザイク